わかりやすい地質百科

深層崩壊

 深層崩壊とは山腹斜面の表層の堆積土砂層だけでなく、深部の基岩(岩盤)部分を含む深度の大きい斜面崩壊のことです。深層崩壊の発生は地下の地質構造(割れ目の方向など)や深層地下水が影響して生じると考えられています。また、降り始めからの雨量が数百mmという大きな降雨や大規模な地震により発生します。深層崩壊は降雨終了後数時間以上経過して発生することもあります。
 地すべりも基岩部分を含む土塊の移動現象ですが、地すべりは土塊の移動速度が遅いものが多いのに比べ、深層崩壊は崩壊土砂の動きが速く一瞬で広い範囲の山腹斜面が崩れてしまうこともあります。
 深層崩壊では崩壊土砂が数百万m3に及び、河道部ではその崩壊土砂で天然ダムを形成することもあります。河川の対岸で生じた深層崩壊で被災するなど表層だけが崩壊するケースよりも被害の及ぶ範囲が広いという特徴があります。
 近年では2008年の岩手・宮城内陸地震や2011年台風23号により紀伊半島で深層崩壊が発生しています。

深層崩壊斜面
図1 平成23年台風12号による深層崩壊斜面(奈良県五條市大塔町赤谷地区)

「株式会社エイト日本技術開発 海原荘一」

 

このページのキーワード。関連するページはこちらからどうぞ。

わかりやすい地質百科

土砂災害への備え~いざという時のための心構え

いざという時のための心構え
恐ろしい土砂災害を防止するために、現在さまざまな対策が行われていますが、それだけでは十分に災害を防ぐことができません。

被害を最小限に抑えるためには

  • 気象情報などに注意し、いざという場合に備えましょう。
  • お年寄りや子供がいる場合には、特に早めの避難を心掛けましょう。

雨に注意していますか?

雨の降り方に注意しておきましょう
土砂災害の多くは雨が原因で起こります。長雨や大雨で危険だと思ったら、早めに避難しましょう。1時間に20ミリ以上、または降り始めてから100ミリ以上の降雨量になったら十分な注意が必要です。

避難場所は決まっていますか?

いざという時の避難場所を決めておきましょう
普段から家族全員で避難場所や避難する道順を決めておきましょう。災害が起きる時、家族全員がいっしょにいるとは限りません。そんな時もあらかじめ避難場所を決めておけば安心です。

逃げ方を知っていますか?

土石流などからの逃げ方を学んでおきましょう
土石流は速度が早いため、流れを背にして逃げたのでは追いつかれてしまいます。土石の流れる方向に対して直角に逃げるようにしましょう。

非常持ち出し袋を常備していますか?

非常持ち出し袋を常備しておきましょう
食料、飲料水、懐中電灯、ラジオ、ローソク、マッチ、貴重品、医薬品など非常持ち出し袋を常備しておきましょう。

危険信号を発見したら
すぐに市町村役場、都道府県事務所連絡をしましょう。

実際に災害が起こったら
すぐに110番、119番通報をしましょう。

「内海建設コンサルタント株式会社 勝原建夫」

このページのキーワード。関連するページはこちらからどうぞ。

わかりやすい地質百科

液状化

液状化とは、地盤が地震などの急速な繰り返し載荷を受けたときに、あたかも液体のようになってしまい、支持力を失う現象のことです。従来は、飽和している緩い砂地盤で発生しやすいといわれてきましたが、1995年の兵庫県南部地震などでは、礫質土あるいは細粒分の多い土での液状化も報告されています。

その発生メカニズムは、次のように考えられています。

図 液状化のメカニズム

平常時
液状化のメカニズム。平常時の地盤の状態模式図
地震時
液状化のメカニズム。地震発生中の地盤の模式図
地震後
液状化のメカニズム。地震後の地盤の模式図
  1. 地盤が地震動を受けると、土粒子はより安定化するために体積収縮しようとします。
  2. ところが、地震時のように短時間の急速載荷の場合、砂地盤といえども土粒子間の排水が許されない状態となり、地盤の体積は一定に保たれたままとなります。そのため、体積収縮しようとする土粒子の移動は、間隙水圧の上昇に転化されます。
  3. この間隙水圧の上昇によって、土粒子間の有効応力が減少し、地盤のせん断抵抗が失われます。地震時に見られる噴砂や噴水などの現象は、液状化に起因するものと考えられています。

このような液状化現象は、構造物に多大な被害をもたらすため、事前に地盤状況を十分確認し、それに対応した設計が必要です。

兵庫県南部地震の時に六甲アイランドで見られた噴砂跡の写真

 

兵庫県南部地震(1995年1月)時に六甲アイランドで見られた噴砂跡

 

「復建調査設計株式会社 藤本 睦」

このページのキーワード。関連するページはこちらからどうぞ。

わかりやすい地質百科

ハザードマップ(Hazard Map)

洪水・土砂災害・津波・高潮などの自然災害による被害を予測し、万一の場合には円滑で迅速な避難ができるようにするために、避難に役立つ情報・・・例えば、災害想定区域や避難場所、避難経路や避難情報の伝達経路などを、住民にわかりやすく地図上に示したものです。災害危険箇所分布図とも言います。

代表的なものとしては土砂災害ハザードマップがあります。これは、大雨や地震などにより発生するがけ崩れなど、土砂災害の恐れがある箇所を地図上に表示したものです。

他には、洪水ハザードマップ、地震ハザードマップ、富士山ハザードマップ、火山ハザードマップなどがあります。

土砂災害危険区域マップ

危険箇所の要件

土石流危険渓流
土石流が発生する恐れのある渓流で、被害が予想される区域内に人家が5戸以上ある場合。
急傾斜地崩壊危険箇所
がけの勾配が30度以上、高さが5m以上で被害が予想される区域内に50m未満で近接している人家が5戸以上ある地区。
山腹崩壊危険地区
公用もしくは公共用施設、または2戸以上の人家に、直接被害を与える山腹崩壊が発生する恐れのある地区。

いつ災害が発生しても落ち着いて対応ができるように、平常時から備えておけば安心です。そのためには、ハザードマップを活用して日頃から家庭や地域で災害が発生した場合の避難方法について話し合っておくことがとても大切です。

災害は忘れた頃にやって来る

でも

備え在れば憂い無し

  1. 自分の住んでいる地域にはどのような災害が発生する可能性があるのかを知っておきましょう。
  2. 最寄の避難場所を確認しておきましょう。
  3. 避難場所に行くのにはどのような経路があるか調べておきましょう。

(内海建設コンサルタント株式会社 勝原 建夫)

このページのキーワード。関連するページはこちらからどうぞ。

わかりやすい地質百科

災害・環境と地質

災害や環境と地質および地質調査の関係を解説します。

このページのキーワード。関連するページはこちらからどうぞ。

わかりやすい地質百科

わかりやすい地質百科

地質調査業は、建設・防災・環境の分野でジオ・ドクターとしての社会的役割を担っています。

私たちは、私たちの地球がもっと住みやすく、もっと安全であることを願って、日々努力を重ねています。

このような私たちの仕事の概要、調査(診断)方法、調査(診断)機器、解析(診断結果)等の基礎知識をここでご説明します。

随時内容を追加・掲載しますので、ご覧下さい。

このページのキーワード。関連するページはこちらからどうぞ。

わかりやすい地質百科へのリンクバナー

▲ページの先頭へ